近代スピリチャリズム史概論(全3本)

講師:伊泉 龍一
時間:約220分
受講料:14,000円(資料含む)
 

◆ミディアム(霊媒)やクレアヴォイヤン(透視者)たちは何を見てきたのか?
メスメリズムからスピリチュアリズム・ムーヴメントのはじまりまで
 

この世を超えた世界。あるいは通常の5感を超えた世界。
物質世界とは異なるという意味で霊的世界とも呼ばれる領域。
過去にも現在にも、ごく普通の人にとっては不可知としかいいようがないその領域へと到達する、
あるいはつながることのできると称される人々が存在します。

実際、世界中のどの文化の中でも、
この世を超えた世界となんらかの形で接触したとされる人々の存在が語られ続けてきたことは事実です。
今日においては、一般的にミディアム、クレアヴォイヤン、サイキック、チャネラーなどと呼ばれる人々です。

今回のセミナーでは、現代の様々な「スピリチュアル」な思想や実践に対して最も影響を与え
またその説話の形式が生み出された19世紀半ばのアメリカからはじまる
「モダン・スピリチュアリズム」に焦点を当てていきます。

それによって、まずは現代の「スピリチュアル」な事象がどれだけ当時の遺産に負うものなのか、
あるいは逆に時代の変化と共に当事者たちによって語られる霊的世界の表象が
どれだけ変化してきたのかを改めて照らし出してみたいと思います。

本セミナーは目に見えない世界の存在を信じるか否かという形で問題に迫るのではなく、
「霊の文化史」とも言うべき視点から「スピリチュアル」な領域へとアプローチしていきます。
ですので、肯定的な立場であれ否定的な立場であれ、
どちらの方でも興味深く聞いていただける内容になると思います。

あえて自らの信条からいったん離れながら、
形而上的な世界へと関心を持った過去の人々が織りなした歴史へと目を向けることで、
現代のわたしたちにとっても、学ぶべき多くのものが見つけられるのではないかと思っています。

購入する(14,000円) 購入済の方は、ログインすると視聴できます

視聴期限は購入後14日間になります

関連ファイルダウンロード

※関連ファイルは動画視聴可能になるとダウンロードできます

  • スピリチュアリズム・ムーメント以前.pdf(312.21 KB) 
  • スピリチュアリズム図版.pdf(533.20 KB) 

このセットの動画一覧

関連動画

コメント

ログイン、もしくは会員登録いただくと、コメントできます。

もっとみる