タロットリーダーのための西洋占星術・アスペクト編(ラクシュミー)(全2本)

講 師:ラクシュミー
時 間:約170分
受講料:12,000円(資料含)

 

◆タロットカードのコンビネーションリーディングでアスペクトを考える

タロットリーダーのための西洋占星術講座、最終回はアスペクトについて解説します。

タロットリーディングをされていると西洋占星術の知識も要ると思われたことが多いでしょう。
でも本を読んでも難しいし、いきなり講座に出てついていけるかどうか不安、という方のための講座です。
タロットカードを学んでくと、西洋占星術との関連については必要不可欠

サイン、惑星、ハウス、3種類の部品については知識があるものの
その部品を、どうやって組み立てたらいいか・・・で戸惑う方も多いかと思います。
わたしも初学者のころはそうでした。

アスペクトは占星術の基礎それぞれの部品を組み立てるための“接着剤のような働き”をします。
どんなホロスコープにも矛盾がたくさんあり、いったい何を基準に判断したらよいか迷います。

このワンデー講座では、まずアスペクトのどこを最初にピックアップしたらよいかというロジックと、
星と星の相互影響から生まれる化学変化についてご理解して頂きます。
その化学変化は、タロットカードをスプレッドしたときのイメージの広げ方と似ていますので
タロットの手法を取り入れて、いろんなパターンを、みなさんと共に考え直してみましょう。

アスペクトをイメージで捉えることができると
「相性」を読んだり、「より良いタイミング・時期」を読むことができます。

前回は西洋占星術の基礎中の要・10天体と12サイン、ハウスについて解説しました。
※インターネットでも受講可能です。

①10天体と12サイン
https://arcanum.socialcast.jp/set/839

②ハウスとホロスコープスプレッド

https://arcanum.socialcast.jp/set/1068

こちらも予習と復讐に最適な内容ですので、ご興味をお持ちの方は是非インターネットで受講されて下さい。

購入する(12,000円) 購入済の方は、ログインすると視聴できます

視聴期限は購入後14日間になります

関連ファイルダウンロード

※関連ファイルは動画視聴可能になるとダウンロードできます

  • タロットリーダーのための西洋占星術・アスペクト編.pdf(514.00 KB) 

このセットの動画一覧

関連動画