タロットリーダーのための西洋占星術・ハウス編(ラクシュミー)(全2本)

講 師:ラクシュミー
時 間:約180分
受講料:12,000円(資料含)

◆タロットをより深く読み込むための西洋占星術のカンタン・やさしい1DAY講座

今回はハウスについて学びます。
惑星とサインは抽象的なイメージでつかむことができますが、
ハウスは「具体的な場所」を表すため当たり外れが出やすく
自分にあてはめても腑に落ちにくかったり理解しづらかったりすることが多いでしょう。

そこで今回はタロットカードの「ホロスコープスプレッド」を使ってハウス解釈のイメージを広げるコツを考えていきます。
ツールが別にあると理解も早まります。
単独で考えているとわかりにくいものも、タロットとリンクさせればはっきり見えてきます。
また、西洋占星術で鑑定する際に、出生時刻がわからないとハウスシステムが使えません。
ハウスを使えないときに、タロットだけで、どう読むかのセオリーについても考えます。

前回は西洋占星術の基礎中の要・10天体と12サインについて解説しました。
※インターネットでも受講可能です。
https://arcanum.socialcast.jp/set/839

また、次回はタロットのコンビネーションリーディングの手法を応用して、
西洋占星術のアスペクトについて考えます。

タロットリーディングをされていると西洋占星術の知識も要ると思われたことが多いでしょう。
でも本を読んでも難しいし、いきなり講座に出てついていけるかどうか不安、という方のための講座です。
タロットカードを学んで行かれる中で、西洋占星術とのリンクは外せないものがあります。

ボキャブラリーや、意味の広がりなどのメリットの他に、
時間のサイクルの感覚を持つことは未来を見るときにとても必要なことです。
また四大元素の感覚は、やはり占星術を通した人間理解があったほうがより深くなるはずです。
小アルカナの理解が深まりにくいと思っている方にとっては大きな助けになるでしょう。
 

<学習テーマ>
・12ハウスのなりたち
・12ハウスの意味 
・ホロスコープスプレッド展開法とのリンク

購入する(12,000円) 購入済の方は、ログインすると視聴できます

視聴期限は購入後14日間になります

関連ファイルダウンロード

※関連ファイルは動画視聴可能になるとダウンロードできます

  • タロットリーダー・ハウス資料.pdf(16.44 KB) 

このセットの動画一覧

関連動画